環境ソリューション課業務内容

土壌汚染状況調査

汚染の範囲及び汚染物質の濃度を調査します。
表層調査では平面的な汚染の広さ、ボーリング調査では汚染の深度を調査します。

エコプローブ事業

エコプローブとは無水式土壌・地下水調査機であり、無水の高速サンプリングにより、試料(土壌)の発熱を抑え、汚染物質の洗い流しや蒸発を防ぎ、品質の高い土壌採取を実現させます。
また、掘削孔をそのまま利用して井戸を設置することで、地下水の水質監視や浄化薬剤の注入が可能となります。
井戸が設置できない場所でも、掘削ツールを変えることにより、掘削しながら薬剤注入するロッド堀り圧入も可能であり、
様々な汚染サイトでの活躍を約束致します。
エコプローブ掘削状況
採取土壌(コア箱)
井戸設置状況
浄化薬剤注入状況(ロッド堀り圧入)

土壌汚染浄化対策

汚染状況調査結果をもとに汚染土の掘削除去や浄化等を行います。
作業後は確認のための試料採取及び分析を行い、浄化確認後に作業完了となります。

吸引車により、タンク内の液状・泥状廃棄物を回収し、
合わせて清掃及び点検等も行っています。
また、重油などの漏洩が起きたときに漏洩物の回収を行います。

自社敷地内へ搬入後、バイオ製剤による浄化作業を行う

分析業務/工場等の騒音・振動調査

環境ソリューション課では水や燃え殻等の分析及び絶縁油中の微量PCB濃度分析、また騒音・振動調査等も行っています。

吸引車により、タンク内の液状・泥状廃棄物を回収し、
合わせて清掃及び点検等も行っています。
また、重油などの漏洩が起きたときに漏洩物の回収を行います。