アクティブチャレンジ01

[ 技術職 ]

平尾

KAZUKI HIRAO 製造部ウェストバイオマス工場 勤務
2012年入社 鳥取市出身
近畿大学産業理工学部 生物環境化学科 修了

【主な職務内容】
ウェストバイオマス工場は下水汚泥炭化事業を行う、
国内でも数少ない特殊なリサイクル施設です。
地元の境港市を中心に近隣市町村の下水汚泥、廃油など
産業廃棄物を搬入して乾燥・炭化させ、バイオマス燃料を製造しています。
私は工場に配置された機械、設備の管理、
メンテナンスなどを担当しています。

アクティブチャレンジ01

環境事業に全力でチャレンジする。
秘めた誇りが、僕たちを奮い立たせる。

新入社員でも気軽に提案できる。 当社では、どんな小さな提案でも大切にしています。以前、私が水処理施設の運転について稼働方法を変える提案をしたときも、すぐに試運転をしてもらえました。実際に稼働率がアップできた時は、工場の仲間と一緒に喜び合いました。 自分の意見が職場に反映されるのは、ありがたいことで意欲も湧いてきます。
新入社員でも臆することなく、意見を出せるところが三光の強みだと思います。

アクティブチャレンジ01

先輩のチャレンジ精神が手本。 社員は全員がポジティブで、ご年配の方でも常に新しいことにチャレンジしようと、アンテナを張り巡らせています。 そんな先輩たちを手本に見ながら働けるので、若手社員も伸び伸びと成長することができます。今、私がチャレンジしたいのは国家試験である公害防止管理者の資格取得。必ず合格して、工場になくてはならない“人財”になりたいです。

「職場=人間」ではないでしょうか。

就活では、職場の雰囲気を感じ取る嗅覚がすごく大事なポイントです。企業説明会などで、どんどん嗅ぎ取ってください。

もちろん、三光なら間違いありません!

アクティブチャレンジ01

日本の先駆者を目指す。 私たちの会社は地域に貢献するため、全力でリサイクル事業を展開しています。次々と新しいプラント建築にも挑戦してきました。 4年前に創業したウェストバイオマス工場も、民間企業では日本初となる汚泥処理のリサイクル施設です。

この分野は、まだ国内にノウハウの蓄積がさほどありません。 そのため当初は機械が上手く稼働せず、調整を繰り返すなど苦労の連続でした。でも、おかげで工場の社員たちが一丸となって課題の解決に向かい、強い団結力が生まれました。

今では汚泥処理の先駆者として、仲間と一緒に大きな誇りを持って働いています。

01

三光で働く人

PAGE TOP